シロアリから家を守る想い

駆除に対する各種免許を有するトーメーは、
お客様の家を守る責任をしっかりと自覚し、さらに、
より確実なシロアリの駆除のため、
その生態については、研究者レベルまで理解を深めています。

トーメーがベイト工法を選んだ理由。
人間や動物が食べることもできる餌木を使用するので、100%安全!
アレルギーや赤ちゃんのいるご家庭も安心!
薬剤散布の時のような、気になる臭いがありません!
施工時に大切な家を傷つけません!
地下3mにあるシロアリの巣を駆除することができます!
サニマイト・トーメーがすすめる薬剤をまかない安全なシロアリ駆除ベイト工法

弊社では、従来からある薬剤をまいてシロアリを駆除する方法ともうひとつ、薬剤をまかずにシロアリを駆除するベイト工法という方法があります。このベイト工法は1995年に日本に来た新しい駆除方法で、これが現れるまでは、シロアリから家を守るために健康への影響の可能性のある薬剤散布をするか、健康を優先してシロアリ駆除をあきらめるかの2択しかありませんでしたが、ベイト工法が現れることにより、健康への心配もなく、シロアリ駆除をするという両方を満たす選択肢ができたのです。

薬剤をまかずに、どうやってシロアリを駆除するのか?

秘密はベイト剤。これをシロアリの通り道となる地面に3mおきに設置し、シロアリに食べさせます。シロアリはアリのように、巣にエサを持ち帰って女王アリたちに食べさせるのですが、これを食べたシロアリは脱皮できなくなり、死滅してしまいます。食べたら死ぬのではなく、脱皮ができなくなって死ぬので、毒もなく、警戒心の強いシロアリにも食べた後でなければわからない仕掛けになっています。

トーメーが薬剤工法を選んだ理由。

薬剤工法の場合、対策後すぐに効果が出るので、既に被害が大きい場合などには多く使われています。
坪単価5,000〜6,000円と、ベイト工法より価格が安いため、
安全な方がいいけど、今回は薬剤工法で次回ベイト工法を、というお客様も多くおられます。

サニマイトトーメーの代表である私にも妻子がおりますので、
家族の健康が心配な気持ちがよくわかります。
また、家計についても、結婚以来、夫婦で協力して考えてきましたので、
捻出できる費用に限りがあるジレンマもよくわかります。
だからこそ、ご家族のお話をしっかりと伺い、
あなたの家に本当にあったベストの方法をご提案することを約束します。

シロアリを熟知したサニマイト・トーメーのシロアリ駆除

非常に知恵があり、人間の目に見えないところで家を破壊するのが
シロアリの恐ろしいところです。
人間に気づかれないよう、表面だけを残して壁や柱の木を食べます。

しかも、非常に警戒心が強く、
ベイト剤に人間の臭いがついてしまうと食べなくなるなど、非常に敏感です。
だからこそ、弊社はシロアリの生態からしっかりと理解し、
賢いシロアリの上をいく、正しい駆除方法で効果の高い駆除を行っております。

シロアリは、もともとは、益虫と言われています。
山の倒木した木をかじって、土に戻すのがシロアリの役目です。
しかし住宅地を作る際には緑を切り開いて、
もともとシロアリの住処であったところ家を建てることになるので、
シロアリは、山の木なのか、人の家の木なのか、わからないで家まで木をかじってしまうのです。
つまり、本当はシロアリは、悪意があって民家に狙いを定めているわけではないということです。

シロアリがいると、家の価値は数百万円単位で下がる。
そうは言っても、シロアリの被害が出ていない間は、
必要のない出費となってしまいますし、
被害が出ていない場合の予防としてのシロアリ駆除は、
もしもの時のために備えて生命保険に入ることと同じようなものです。

その重要度はお客様それぞれ違いますので、私たちはシロアリの危険性と駆除方法についてしっかりとご説明させて頂いた上で、お客様にお選び頂き、無理な営業は一切いたしません。
無料調査を頼んだからと言って、必ず駆除をしなければいけないということはありませんので、
気になる方はお気軽にご相談下さい。

床下散布をやったかどうかは、お客様が見てもわからないものです。
また、シロアリの被害は保証期間の5年を超えた後に発覚するものです。
この業界を18年やってきて、そんな事例も多く見てきたからこそ、
そんな仕事はしたくない、もっとお客様目線で親身になりたい、
お客様の家をしっかりと守りたい
という思いを強くしています。

事前の説明をしっかりと丁寧に行い、
シロアリが実際にいるかいないかはカメラ撮影をして、お客様に実際に確認して頂くなど、
目に見えるサービスを提供できるよう、全力で取り組んでおります。

持っている情報はすべて開示します。じっくりとご検討ください。

シロアリはゴキブリの仲間と言っても、ゴキブリのように身近に感じる人は少ないため、シロアリに対する危険意識が低い方も多くおられます。
しかし、シロアリの被害が出れば耐震強度は弱くなります。
放っておくと、家を傾かせ、倒壊にまで追い込む力を持った生き物です。
見つけた時点ですでに3年は喰われていると考えて妥当ですので、
被害が出た場合には、早急に駆除を行う必要があるといえます。

調査は無料でいたします

床下に入り、被害が出ているか、家の状況をしっかりと調査いたします。目視と壁や柱をたたくことで、シロアリの被害状況を念入りに確認いたします。写真に撮って、現状報告もしっかりいたします。

弊社資格
築物ねずみ昆虫等防除業 (兵庫県17ね第13号の19)
ペストコントロール1級技術者 (605号)
シロアリ防除施工士 (9233号)
シロアリ防除施工士 (2067号)
蟻害・腐朽検査員 (関西-大阪府-02-0007)
セントリコン・テクニカル・マスター (第20702号)
厚生労働大臣登録防除作業監督者 (9826号)
二級建築士
宅地建物取引主任者
健康住宅メンテナンス技術者