トーメーでは施工後のメンテナンス方法もしっかりお伝えし、再発しない黒アリ駆除を行っております

シロアリではなく黒アリであれば駆除しなくてよいかというと、
そんなことはありませんが、シロアリと黒アリの大きな違いとして、
黒アリは建物には直接的な被害を及ぼさない という点が
あります。黒アリはシロアリのように家を食べたりすることはありません。

黒アリのが群がっているのを見た方は、言うまでもなくお分かりと思いますが、
黒アリの被害報告でよくあるのが上記のような視覚的な被害です。
ティッシュ箱以外にも、寝具シーツ、湯沸かし器ポット給水回り、調味料のフタ回り、
洗濯洗剤(柔軟剤)、郵便受けのポストの中などで見られることが多くあります。
また、黒アリのは何もしなくても数十分から数時間で自然といなくなるため、第一発見者の方は
他の同居されているご家族に被害状況を理解してもらいにくいという大変さもあります。

会社や施設などでは、PCやサーバー、コピー機など置いている場所に集団でたむろすることがあり、時には、故障につながり、高額な損害に繋がるケースがあります。飲食店や食品工場、非食品工場などでも黒アリによる被害が発生しており、もっとも多いのが異物混入です。現在、異物混入に対する市場の目は大変厳しく、大変な損害をもたらすことがありますので注意が必要です。
たかがアリ、されどアリです。私たちは法人様にも対応しております。

目にしている黒アリは、氷山の一角で見えるものを駆除しても、
また、時間がたてば、別の穴から黒アリが出てきます。
そのため黒アリを周辺から根絶するというのは現実的でなく、黒アリ被害の
解決方法は家に寄ってくる原因を明らかにし、その問題を解決することです。
3つの原因とそれぞれの駆除方法について、ご説明いたします。

樹木をたくさん植えているお住まいはまずこの原因を疑った方が良いと思います。
お庭に植えた樹木が橋渡しになり、黒アリが住まいに入り込んでしまうケースで、
この事例は都市部と敷地の広い工場関係に多いと感じています。
庭に樹木を植えていることが悪いことではなく、枝や葉が外壁に触れていることが問題です。
最初植えた時は建物に触れていなくても成長して建物に触れてしまっていることも多いと思います。
今一度、建物回りを見て下さい。また、ホームセンターで購入した観葉植物に黒アリが入っている
ケースもありますので、注意が必要です。

こちらの解決方法はお客様ご自身でもできる内容となりますので、
建物回りを見てみて、疑わしいと思うところがあれば、対策をしてみて頂けたらと思います。
もちろん、私たちがお力になることもできます。
ご自身でやってみたけれど解決しないという場合にも、お気軽にお問い合わせください。

黒アリはシロアリより水を求めている印象を長年の現場経験から感じており、
漏水が黒アリを呼び込む原因になっていることが一番多いです。
特に数年に渡って黒アリが室内で発生している場合は、建物のどこかに漏水の
可能性があります。それは外壁もしくは、壁や床下等に配置している配管から
の漏水かもしれません。

原因1をクリアした後、状況が改善されない場合、漏水が原因である可能性が非常に高いです。
漏水は目に見えにくい場所で起こっていることも多く、また、改善するためには建物構造を
熟知(建築士資格保有)していなければ難しいです。
弊社は害虫の生態を熟知して駆除作業を行ってきておりますが、害虫がなぜ建物内で発生する
のか追及するため、創業から建築を行ってきておりますので、建物の構造的な問題でも
しっかりと対応させて頂きます。

黒アリ駆除をするために、外壁塗装のような大規模な工事が必要なのか、と戸惑うお客様も
おられます。そのお気持ちはよくわかりますので、お家がどんな状態なのか、なぜ補修が必要
なのか、できる限りわかりやすくご説明できるよう、努めております。
予算的に難しいという場合には、応急的な処置をご提案させて頂きますが、
黒アリを止める場合、水の供給を断たなければなりません。
漏水箇所を発見し、補修をしなければ、建物自体がどんどん劣化していきますので、
直ぐに補修は無理でも予定を立て補修されることをお勧めさせて頂いております。

漏水もなく、黒アリが毎年発生する場合は、内部結露の可能性があります。
壁の中に断熱材が入ってない場合に発生しやすい事例です。
このような場合にももちろん対応できますので、お気軽にご相談下さい。

漏水もなく、結露もない場合は、
建物の使用方法に問題がある可能性があります。
どのような場合かといいますと、戸建ての建物で、玄関を頻繁に
水洗いされるお住まいや、トイレがタイル張りで床に排水口が
あるから水洗いしても良いと思っている飲食店などに多い事例です。
玄関やトイレタイル張りの所は防水効果それほど高くありません。
ベランダや屋上(陸(ろく)屋根)と違い防水工事をしていません。

床に流した水の一部はそのままタイル目地などに吸収されてしまい、
黒アリの呼び水になっている可能性がありますので、思い当たる箇所がある場合は、
ぜひ一度使用方法を見直してみて下さい。

トーメーの黒アリ駆除の流れ

但し、保証期間満了後、2年以内の再発率は10%(2017年~2020年までの実績)でした。
これは、2年、3年と時がたつにつれて、お庭の状態が施工前に近づいていく為だと思われます。

施工後、お庭の状態に変化なければ、特に再発して困っていると言う連絡はありません。
ですから、施工後のメンテを十分になされて下さい

なかなか、ご自身でメンテナンスが出来ない方は、弊社にご依頼下さい。
年間1万円税別で黒アリの定期メンテナンスを行っております。

黒アリの最大の問題は、とにかく気持ち悪い、という点です。
大変ナーバスになってお問い合わせ頂くお客様も少なくありません。
一度、自分が思って思ってもいなかった場所で数百匹の大群を見ると、
しばらく神経が過敏になり、プロが駆除した後も、
まだいるのではないかと不安感にかられる方もおられます。
私たちはこのようなお客様の不安を少しでも解消できるよう、
安心を感じて頂けるよう、お客様への説明も大切にしながら、
黒アリ駆除を行っております。

家の状況+あなたのお話をしっかりと理解した上で最も適した黒アリ駆除をご提案いたします 家に黒アリが発生しない環境を作ります お問い合わせはこちら